Île de Réでの夏休み料理日記2021

August 21st, 2021

今年も日本へ帰れなかったので、イルドレにある彼氏の親族一同の別荘で夏休みを過ごしました。みんながビーチへ行って昼寝するのを繰り返す中、私一人ずっとキッチンにいてパンを焼きお菓子を作りごはんを作ってまたパンの仕込みをするという多忙な日々を送り、めっちゃめちゃに楽しかった。

普段はアジア料理ばかり作っているけれど、バカンス中はみんなにも楽しんでもらえるようにメニューを考えながら、2週間みんなは主に私のごはんを食べて過ごすので責任持って体に良いものになるよう気を付けました。島で取れた野菜を中心に、濃い味付けはせず素材の味を楽しめるメニューを心がけつつ、飽きないようアジア料理もたまに混ぜたりしながら色々作った。あとレストランでもメインを頼まずアントレだけ頼みたいという気持ちが年々強くなっているアントレ好き(というか野菜好き)なので、メインは彼氏に任せてアントレばかり作ってた。

今日は止めとこうと思っても暇になるとすぐ何か作りたくなってしまうので、結局なんだかんだで毎日食後のデザートも作って、お菓子は食べるよりも作る方が圧倒的に好きで作っても普段はなかなか食べきれないので、喜んで食べてくれる人がたくさんいてありがたかった。

お気に入り、好評だったものを記録しておきます。ネット上にあるレシピにはリンクを、本にはリンクを貼ってないのでお気に入りの本屋から買ってください〜。上手に盛り付けられたら写真を撮ろうと思っていたらなかなか上手に出来なかったので写真は全然ないです!!

B8CEB7BE-12C6-4D9B-A4E5-B91FB7CED803-2684-000001326EFCE951

樋口直哉さんnoteより、シンプルポテトサラダ じゃがいもはイルドレ名物なので頻繁に色んな調理の仕方で食べたけど、私はこれがめっちゃ好きだった。ディルを加えて食べました、魚料理によく合って良かった。

樋口直哉さんnoteより、ズッキーニのポワレ、ミント風味 これは去年作って感動したレシピ。ズッキーニがこんなに美味しいとは知らなかった。ミントが良く合う。

Scalesさん「チーズのひと皿」より、ストラッチャテッラあふれるラビオリ、ピスタチオとミントのソース 犬にピスタッシュと名付けているくせにピスタチオあまり好きではないので、ソースを味見したときにこれはどうなんだ!?と思ったけどラビオリと混ぜたらきちんと美味しかったです。ただ八人分を一人で作るのは大変過ぎてラビオリ生地には改善の余地があった、また作って練習したい。

Scalesさん「チーズのひと皿」より、スローローストトマトのカプレーゼ スローローストトマトのあまりの美味しさに「うめぇ!!」と思わず叫んでしまった。トマトのローストは時間が掛かるけど超簡単なのでこれは家でもやりたい。

紺野真さんInstagramより冷たいきゅうりとアボカドのスープ 去年も作って大好評だったこのスープ、さっぱりしていて暑い日に最高。

紺野真さんInstagramよりガスパチョ こちらも去年も作ったガスパチョでまた作ってのリクエストにより、クネルはスキップしたけどそれでも美味しい。よく冷やして暑い日に食べると最高。

庄司いずみさんアメブロよりトマト丸ごと にんにく風味のオーブン焼き ちょっと寒かった日にトマトで暖かいメニューないかなと探していて見つけたのがこれ、切れ目を入れてにんにく挟んでオーブンで焼くだけで超簡単なんだけど美味しかった。

内田真美「最後にうれしいお菓子たち」より、ガトー・オ・ショコラ・クリュ 私はあまりチョコレートが好きではないのですが、チョコレートが大好きなフランス人の皆様のリクエストに答えて作った。レシピでは干しいちじくのピュレ添えなのですが、なかったのでバナナソースと生クリーム添えて出した。超好評だったバナナソースはどうやって作ったの?と聞かれたけど、バナナを鍋で温めながらマッシュしただけ。

内田真美さん「最後にうれしいお菓子たち」より、はちみつのブランマンジェ レモンアングレーズソース フランスのデザートなのにブランマンジェ何それ?って反応だったので面白かった。このアングレーズソースが絶品だったのでまた作りたいです。

内田真美さん「私の家庭菓子」より、プラムのガスパチョ(今年買ってよかったレシピ本、断トツのNo.1) 近所の農家で買ったプルーンとミラベルで作りました、ちょっと甘味があって美味しい。彼氏の叔母さんは特にこれを気に入っていて、レシピをメモして帰って自分で即作っていた。

内田真美さん「私の家庭菓子」より、カスタードプディング ひっくり返す瞬間はやっぱり盛り上がったのでパーティ向き。大きな型しかなく、増やして作ったけどそれでも足りなくてちょっと薄くなってしまったのが残念。来年は型も自分で色々持っていきたい。

ムラヨシマサユキさん「ムラヨシマサユキのお菓子」より、ベイクドチーズケーキ これも型が大きすぎて薄くなってしまいスティックチーズケーキのようになってしまったんですが、むしろ食後にはそれくらいの分量でちょうど良く評判が良かった。今回作ったデザートの中で個人的に一番気に入っているのはこれ。喫茶店のチーズケーキという感じで濃厚でなめらかでコーヒーに良く合いました。

セギュール ちえみさんDesignStoriesより、ミラベルのタルト・リュスティック 農家でたくさんミラベルを買ったので作ったタルト・リュスティック、生クリームとサワークリームを混ぜたクリームを添えて出しました。簡単なのに美味しく、何人かはこれが一番好きなデザートだと言っていた。

パンも毎日焼いて、最初の頃は一日二回二キロ分仕込んでいたけど大変過ぎたので一日一回一キロ分にしました。いつもの道具がない中で作るのは大変だったけど、毎日ちょっとずつ変えながら焼いていたので最後の方のパンはかなり美味しい出来だった。 2EB44EF6-BB6E-44DB-9B9B-2538901E7FB3-11301-0000063BFD0AA47A 2 あと彼氏が作ったプルドポークに合わせてサワードウでピタパン(と言いつつ膨らまなかったのでフラットブレッド)を焼いたら超美味しかった。 IMG 3167 2

毎日我が家のワンちゃんが幸せそうで嬉しかったです。楽しかったけど大勢の人とずっと一緒にいるのが苦手すぎるので来年の夏休みこそは日本に帰りたい!!! IMG 3002

© Copyright 2020-2021 Yuka Masuda